トランスレーショナルリサーチ詳細

JBCRG-TR01
原発乳癌に対するFEC (5-Fluorouracil / Epirubicin / Cyclophosphamide)followed by DocetaxelまたはDocetaxel followed by FECの術前化学療法における治療効果とHER2 /TOP2A statusの検討

状況 試験終了
目的 原発乳癌に対するFEC followed by Docetaxel またはDocetaxel followed by FECの術前化学療法施行後に原発巣切除術で得られた検体を用い、HER2 遺伝子と TOP2A 遺伝子増幅を FISH(Fluoresence in situ hydrization) に検索し、両遺伝子の増幅の関係および本レジメンの治療効果との関連性を検討する
対象 原発乳癌に対するFEC followed by Docetaxel またはDocetaxel followed by FECの術前化学療法施行後に原発巣切除術が施行され、検体提供の同意が得られた症例
サンプル 診断時の組織診、逐次療法の最初の化学療法終了後に得られた組織診、及び手術時の検体
評価項目 Primary endpoint: HER2遺伝子とTOP2A遺伝子の増幅、の関係を検討、また治療効果との関連性を検討 Secondary endpoints: HER2遺伝子とTOP2A遺伝子の増幅とDFS、OSとの関連性を比較検討する また臨床病理学的諸因子との関連性を比較検討する
研究期間 2002年6月~2010年5月 (登録:2年間、追跡調査:5年間)
研究責任医師 戸井雅和(京都大学大学院 医学研究科外科学講座 乳腺外科学)
検体管理責任者:堀口慎一郎(都立駒込病院)
参加施設数 19
予定症例数 200
研究資金 有限責任中間法人JBCRG、厚生労働省班会議
学会発表 第16回日本乳癌学会(2008)
論文発表
UMIN-ID
  UMIN-ID :UMIN-CTR(医学情報 大学病院医療情報ネットワーク 臨床試験登録システム)に登録しています。下記リンク又はURLから、UMIN-IDで検索してください。
  http://www.umin.ac.jp/ctr/index-j.htm
備考

< 一覧ページに戻る