トランスレーショナルリサーチ詳細

JBCRG-17TR
HER2陰性局所進行乳癌に対するアンスラサイクリン・タキサン・エリブリン逐次療法の有用性確認試験のトランスレーショナルリサーチ

状況 登録終了/試験継続中
目的 本研究では、HER2陰性局所進行乳癌を対象に、アンスラサイクリン・タキサン・エリブリン逐次療法におけるエリブリンの抗腫瘍効果(臨床的奏効率、組織学的効果)、癌組織の生物学的特性、臨床的有用性・安全性の背景にある乳癌のバイオロジーについて、分子生物学的および生化学的手法により解明することを目的とする。
本研究により、エリブリン投与前に「エリブリンが奏効する群」と「奏効しない群」を予測する根拠となるバイオマーカーの同定および、新規発見バイオマーカーに基づく個別化医療の実現が期待される。
対象 JBCRG-17試験に登録され、本研究の同意が得られた患者を対象とする。遺伝子解析については、遺伝子解析の同意が得られていることが分かる形で同意書を取得する。
本研究の参加は、同意内容に対応する全ての検体を提出できない場合、あるいはJBCRG-17試験治療が開始された後でも可能である。測定項目の一部に限った参加や、腫瘍組織、血清・血漿、全血のなかの一部の検体のみの提出に限った参加も可能とする。
サンプル ①新鮮凍結標本および血液(全血)
②新鮮凍結標本
③パラフィン標本
④血液(血清・血漿)
評価項目 1腫瘍内塩基配列解析 (体細胞変異解析)
次世代シークエンサーHiSeq2000による 全エクソン解析
新鮮凍結標本および血液(全血)

2腫瘍内遺伝子発現解析
GeneChip 定量的RT-PCR
新鮮凍結標本

3蛋白発現解析
免疫組織染色法
パラフィン標本

4血中蛋白濃度解析
ELISA
血液(血清・血漿)
研究期間 研究期間:本研究実施計画書Ver.1.0承認日~2024年11月(登録期間:~2014年11
研究責任医師
参加施設数
予定症例数 設定なし
研究資金 公益財団法人がん研究会
一般社団法人JBCRG
学会発表 公益財団法人がん研究会 ゲノムセンター 三木 義男
(公益財団法人がん研究会 有明病院 遺伝子診断部)
公益財団法人がん研究会 有明病院 乳腺センター 乳腺内科 伊藤 良則
論文発表
UMIN-ID
  UMIN-ID :UMIN-CTR(医学情報 大学病院医療情報ネットワーク 臨床試験登録システム)に登録しています。下記リンク又はURLから、UMIN-IDで検索してください。
  http://www.umin.ac.jp/ctr/index-j.htm
備考 2013.12.6 プロトコール Ver.1.0

< 一覧ページに戻る