トランスレーショナルリサーチ詳細

JBCRG-TR03(OncotypeDX)
日本人を対象とした早期乳癌における予後因子としてのONCOTYPE DXの「再発スコア」に関する研究

状況 試験終了
目的 再発スコアに応じて患者リスクを低リスク、中リスク、高リスクに分類し、低リスク群の患者は高リスク群の患者に比べて、有意に再発リスクが低いという仮説を検証する。再発スコアを連続変数として解析した場合に、遠隔再発リスクとの相関が見られるかどうかを検証する。再発スコアと無再発生存、全生存との関連性を検討する。
対象 1993年から1998年にタモキシフェン、あるいは併せて(同時に)LH-RHアゴニストの投与を受け、ホルマリン固定パラフィン包埋組織が利用可能、フォローアップデータが利用可能、エストロゲン受容体陽性の乳癌患者
サンプル ホルマリン固定パラフィン包埋組織で無染色の10μm切片6枚と、その両端部分のHE染色
評価項目 組織サンプルのRT-PCR分析を16個の癌関連遺伝子と5個のリフェレンス遺伝子について行う。遺伝子発現の定量的分析を行う(Genomic Healthアッセイ)
研究期間 2007年4月~
研究責任医師 戸井雅和(京都大学大学院 医学研究科外科学講座 乳腺外科学)
参加施設数 9
予定症例数 250
研究資金 Genomic Health, Inc.
有限責任中間法人 JBCRG
学会発表 京都乳癌コンセンサス会議2009国際大会
論文発表
UMIN-ID
  UMIN-ID :UMIN-CTR(医学情報 大学病院医療情報ネットワーク 臨床試験登録システム)に登録しています。下記リンク又はURLから、UMIN-IDで検索してください。
  http://www.umin.ac.jp/ctr/index-j.htm
備考 9施設限定

< 一覧ページに戻る