研究業績

任意団体JBCRG論文・出版

2013年


病理学的完全奏効ypT0/isypN0の臨床的意義 ‐JBCRG-01,JBCRG-02,JBCRG-03のプール化解析-


黒井克昌、戸井雅和、大野真司、中村清吾、岩田広治、増田慎三、佐藤信昭、津田 均、黒住昌史、秋山 太


乳癌の臨床 Vol.28 No.6 2013

一般社団法人JBCRGへ戻る