研究業績

学会発表

A multicenter phase II trial of neoadjuvant letrozole plus low dose cyclophosphamide in postmenopausal patients with estrogen receptor-positive breast cancer (JBCRG07): the efficacy and its correlation with circulating endothelial cells.


上野貴之、増田慎三、神垣俊二、森本卓、中村清吾、黒井克昌、岩田広治、大野真司、田中直、戸井雅和


2011 American Society of Clinical Oncology, Chicago (USA), Jun. 2011

A multicenter, randomized phase II study of neoadjuvant chemotherapy including trastuzumab with cyclophosphamide with docetaxel in patients with operable HER2-positive breast cancer (JBCRG-10 study).


増田慎三、戸井雅和、上野貴之、青儀健二郎、岩田広治、大野真司、黒井克昌、佐藤信昭、中村清吾; Japan Breast Cancer Research Group (JBCRG)


2010 American Society of Clinical Oncology, Chicago (USA), Jun. 2010

JBCRGにおける臨床試験成功の秘訣と今後の展望


増田慎三、青儀健二郎、岩田広治、上野貴之、大野真司、柏葉匡寛、黒井克昌、佐藤信昭、中村清吾、中山貴寛、戸井雅和; Japan Breast Cancer Research Group (JBCRG)


第18回日本乳癌学会学術総会、プレジデンシャルシンポジウム、札幌、2010年6月

国際共同研究SUPREMOへの参加から我が国における乳房切除術後放射線治療の適応を探る


黒井克昌、増田慎三、青儀健二郎、岩田広治、上野貴之、大野真司、柏葉匡寛、佐藤信昭、中村清吾、中山貴寛、戸井雅和; Japan Breast Cancer Research Group (JBCRG)


第18回日本乳癌学会学術総会、示説討論、札幌、2010年6月

The first report of the association between the recurrence score and risk of recurrence in Japanese population (JBCRG-TR03)


Toi M, Iwata H, Masuda N, Ohno S, Nakamura S, Yamanaka T, Nakayama T,Kashiwaba M, Kamigaki S, Aogi K, Ueno T, Kuroi K: Japan Breast Cancer Research Group (JBCRG)


京都乳癌コンセンサス会議 2009 国際大会、京都、2009年4月

JBCRG における乳癌術前薬物療法の経験から得た新規治療法開発の展望


増田慎三、青儀健二郎、岩田広治、上野貴之、大野真司、柏葉匡寛、黒井克昌、佐藤信昭、中村清吾、中山貴寛、戸井雅和; Japan Breast Cancer Research Group (JBCRG)


第47回日本癌治療学会(横浜)シンポジウム16 新薬導入による乳癌治療の新たなる展開, 2009

臨床試験における検体を用いたトランスレーショナルリサーチ(TR)推進のための新システム


片岡明美、大野真司、戸井雅和、中村清吾、黒井克昌、岩田広治、遠山竜也、増田慎三、徳永えり子、堀口和美;Japan Breast Cancer Research Group (JBCRG)


第108回日本外科学会学術集会、長崎、2008年5月

術前化学療法における治療効果予測因子としてのHER2/TOPO IIα解析の意義 (JBCRG-TR01)


堀口慎一郎、黒井克昌、高橋將人、山下啓子、佐藤信昭、岩田広治、増田慎三、中村清吾、戸井雅和; Japan Breast Cancer Research Group (JBCRG)


第16回日本乳癌学会総会、口演、大阪、2008年9月

前のページへ
任意団体JBCRG 研究業績