臨床研究詳細

JBCRG-M03

HER2陽性進行・再発乳癌に対するトラスツズマブ、ペルツズマブ、エリブリン併用療法の有用性の検討試験

状況
登録終了/研究継続中

目的
HER2陽性、進行・再発乳癌患者に対するトラスツズマブ、ペルツズマブ、エリブリン併用療法の一次、二次治療での有用性を検討する。

対象

評価項目
【主要評価項目】 無増悪生存期間 【副次評価項目】 奏効率、安全性、全生存期間、ペルツズマブ治療後の有効性(ペルツズマブ+トラスツズマブ+タキサン後の奏効率)、エリブリンのコンプライアンス、次治療の効果

研究機関
試験期間:2013年11月~2019年4月(登録期間:2013年11月~2016年4月)

研究代表者
神奈川県立がんセンター 乳腺内分泌外科 山下 年成

予定症例数
48例

レジメン
トラスツズマブ、ペルツズマブ、エリブリン

研究資金
一般社団法人JBCRG 

学会発表
Eribulin in combination with pertuzumab plus trastuzumab for HER2-positive advanced or recurrent breast cancer (JBCRG-M03)

論文発表

UMIN-ID
UMIN000012232

jRCT

備考

利益相反の開示
臨床試験実施計画書(概要)

実施医療機関

前のページへ一覧を見る次のページへ