臨床研究詳細

PALLAS医師主導国際共同治験(JBCRG-24)
GLOBAL 本研究は医師主導の国際共同治験で、依頼元であるオーストリアの研究団体ABCSG(Austria Breast Cancer Study Group)との契約に基づきBIG(Breast International Group)からの資金提供を受けて実施しています。

A randomized phase III trial of Palbociclib with standard adjuvant endocrine therapy versus standard adjuvant endocrine therapy alone for hormone receptor positive (HR+) / human epidermal growth factor receptor 2 (HER2)-negative early breast cancer

状況
登録終了/研究継続中

目的
To compare invasive disease-free survival (iDFS) for the combination of at least 5 years endocrine therapy and 2-year palbociclib treatment versus at least 5 years endocrine therapy alone in patients with histologically confirmed HR+/HER2- invasive early breast cancer (EBC).

対象

評価項目

研究期間
登録 2018年2月~9月、FU 10年

研究代表者
国内調整医師:岩田 広治(愛知県がんセンター病院 乳腺科)

予定症例数
国内50例

レジメン
palbociclib 125 mg vs Placebo

研究資金
ABCSG (Non-US) ・BIG

学会発表

論文発表

UMIN-ID

jRCT

備考
EudraCT#: 2014-005181-30, NCT02513394

利益相反の開示

前のページへ一覧を見る次のページへ