臨床研究詳細

JBCRG-04TR (Blood sample)

術前化学療法、原発巣手術施行後、病理学的に腫瘍が残存している乳がん患者を対象とした術後補助療法における Capecitabine単独療法の検討―第III相比較試験―(付随研究)トランスレーショナルリサーチ

状況
登録終了/研究継続中

目的
【主目的】
乳がん化学療法あるいはホルモン療法の治療効果の予測を可能とするバイオマーカーを同定する
【副次的目的】
1) 乳がん化学療法あるいはホルモン療法の副作用発現に関与するバイオマーカーを同定する
2) 乳がん化学療法あるいはホルモン療法治療後の予後予測を可能とするバイオマーカーを同定する

対象
選択基準以下のすべての基準を満たすものを対象とする
1) JBCRG-04(CREATE-X)試験にご参加いただいた乳がん症例
2) 血液あるいは腫瘍組織の提供が可能である
3) 本TR研究への参加に文書で同意している

評価項目

研究期間
~2019年7月

研究代表者
JBCRG-04TR 研究代表者 戸井 雅和(京都大学大学院医学研究科 外科学講座乳腺外科学)
JBCRG-04(CREATE-X) 研究代表者 増田 慎三(国立病院機構大阪医療センター 外科・乳腺外科)

予定症例数

レジメン

研究資金
一般社団法人JBCRG

学会発表

論文発表

UMIN-ID

jRCT

備考

利益相反の開示

前のページへ一覧を見る次のページへ