臨床研究詳細

JBCRG-26
NEW

HR陽性HER2陰性進行乳癌の日本人患者を対象に,スマートフォンアプリおよびウェアラブル端末を用いて,パルボシクリブと内分泌療法薬を併用投与または内分泌療法薬を単剤投与した際の,患者報告アウトカムおよび身体活動量を評価する,前向き,多施設共同,観察研究

状況
登録受付中

目的
HR陽性HER2陰性進行乳癌の日本人患者に,以下の治療を実施した際の,EORTC-QLQ-C30および身体活動量の変化を評価する
1)パルボシクリブと内分泌療法薬の併用療法(グループ1)
2)内分泌療法薬の単剤療法(グループ2)

対象
パルボシクリブと内分泌療法薬の併用療法または内分泌療法薬の単剤療法で治療されたHR + / HER2-進行性乳がんの日本人患者。

評価項目
主要評価項目
1. EORTC-QLQ-C30(スマートフォンアプリを用いて収集)
2. 身体活動量[低強度の活動時間(セデンタリ時間)](ウェアラブル端末を用いて収集)

研究期間
2021年2月~2022年8月

研究代表者
坂東 裕子
筑波大学 乳腺・甲状腺・内分泌外科

予定症例数
100症例

レジメン
1)パルボシクリブと内分泌療法薬の併用療法(グループ1)
2)内分泌療法薬の単剤療法(グループ2)

研究資金
ファイザー株式会社

学会発表

論文発表

UMIN-ID

jRCT

備考
ClinicalTrials.gov Identifier: NCT04736576
実施医療機関非公開

利益相反の開示

前のページへ一覧を見る