臨床研究詳細

JBCRG-02

原発乳癌に対するFEC followed by Docetaxel併用療法による術前化学療法

状況
研究終了

目的
手術可能乳癌における術前化学療法(FEC followed by docetaxel)の臨床効果、組織学的効果および安全性を評価する

対象

評価項目
安全性、臨床効果、組織学的効果 乳房温存手術施行率、無再発期間生存率

研究期間
2004年8月~2012年1月 (登録:2年間、追跡調査:5年間)

研究代表者
中村清吾(聖路加国際病院Breast Center)

予定症例数
50例(ver1.0:31例・ver1.1:19例)

レジメン
FEC100 q3w x4→Doc100 q3wx4

研究資金
先端医療研究支援機構(ACRO: Advanced Clinical Research Organization)

学会発表
JBCRG02: 原発乳がんに対するFEC 100 followed by Docetaxel 100による術前化学療法 原発乳癌に対する術前化学療法 特にpCRの判定とJBCRGの取り組み 原発乳癌に対するFEC followed by docetaxel 100による術前化学療法-JBCRG02-

論文発表
術前化学療法を施行したホルモンレセプター陽性乳癌におけるリンパ節転移の予後因子としての意義-JBCRG-01・JBCRG-02・JBCRG-03のプール化解析- Prognostic significance of subtype and pathologic response in operable breast cancer: a pooled analysis of prospective neoadjuvant studies of JBCRG Comparison of different definitions of pathologic complete response in operable breast cancer; a pooled analysis of three prospective neoadjuvant studies of JBCRG 病理学的完全奏効ypT0/isypN0の臨床的意義 ‐JBCRG-01,JBCRG-02,JBCRG-03のプール化解析- Docetaxel Followed by Fluorouracil/Epirubicin/Cyclophosphamide as Neoadjuvant Chemotherapy for Patients With Primary Breast Cancer 原発乳癌に対するFEC followed by docetaxel 100mg/m2併用療法による術前化学療法の検討 -JBCRG02-

UMIN-ID
C000000020

jRCT

備考

利益相反の開示

前のページへ一覧を見る次のページへ