研究を知る

〜臨床研究のSTORY〜

目の前の患者さんのために。
未来の乳癌患者さんのために。

乳がん治療技術の発展のため、日夜、努力を続ける先生方がいらっしゃいます。
研究者の先生方は、日常の病院業務の時間外に、無報酬でこれらの研究の完遂に力を注いでいます。
どのような研究が、今そして未来の患者さんに求められているのか。日々研究を続けられる先生方からの熱いメッセージをご紹介します。

JBCRG-C07 (REIWA study)試験

多田 寛

東北大学大学院医学系研究科 乳腺・内分泌外科学分野

多田 寛

続きを読む

JBCRG-C07 (REIWA study)試験

増田 紘子

昭和大学 乳腺外科

増田 紘子

続きを読む

POSITIVE (JBCRG-23)試験

清水 千佳子

国立国際医療研究センター 乳腺腫瘍内科

清水 千佳子

続きを読む

JBCRG-M06 (EMERALD)試験

山下 年成

神奈川県立がんセンター 乳腺内分泌外科

山下 年成

続きを読む

JBCRG-M07(FUTURE)試験

新倉 直樹

東海大学医学部付属病院 乳腺内分泌外科

新倉 直樹

続きを読む

研究を推進する